⑭いちご煮

皆さん、こんにちは。

47都道府県紹介ブログ、14回目の今回は青森県を紹介いたします。

青森県といえば、りんご・大間のマグロなどが有名ですが、

今回は・・・いちご煮を紹介いたします。

いちご煮といっても、果物のいちごを煮たものではありません!

(私も最初に聞いたときは、果物のいちごだと思いました笑)

八戸地方に古くから伝わるもので、三陸の豊かな海でとれたウニ・アワビをお吸い物でいただく、郷土料理です。

ちなみに“いちご煮”の名前の由来は、

『乳白色の汁に沈む黄金色のウニの姿がまるで、【朝もやの中に霞む野いちご】のように見える』ことから付けられています。

現在、ウニ・アワビが高級食材となってしまったため、手軽に家庭で食べるのが難しくなってしまいました。

そこで、『いちご煮缶詰』が登場しました!そのため、再び家庭で手軽に食べられるようになっただけでなく、お土産として買うこともできるようになりました。

いちご煮ですが、もちろんお吸い物でお召し上がりいただくことも出来ますが、

炊き込みご飯・茶碗蒸し・雑炊などの具材として使うことも出来ます。

中でも、いちご煮の炊き込みご飯は絶品です!

青森に行った際には、ぜひお買い求めください。

また、ネットでも購入可能ですので、ぜひチェックしてみてください!

⑬北上コロッケ

皆さん、こんにちは。

都道府県紹介ブログ、13回目は岩手県を紹介いたします。

岩手県といえば、前沢牛・南部せんべい・かもめの玉子などが有名ですが、

今回紹介するのは・・・北上コロッケです。

北上市のB級グルメとして有名な北上コロッケですが、下記の4つの素材が入っていることが条件です。

1、粘りが強くコクのある『二子さといも』

2、豊かな自然の中で育った『黒毛和牛』

3、ビタミンB1やミネラルが豊富な『白ゆりポーク』

4、アクセントに県内一の生産量を誇る『アスパラガス』

どれも北上市でとれた地産地消の食材です。

また、上記の4つが入っていればOKなので、各取扱店ではアレンジ商品も登場しています。

パン・サンドイッチの他にも、丼物や巻き寿司、うどんやそばのトッピングなどにも!

取扱店は北上駅周辺だけでも、取扱店は14店。市内では26店舗を数えます。

岩手県に行った際には、ぜひお召し上がりください。

お土産として冷凍コロッケも販売している店舗も有りますので、そちらもぜひ!

緊急特別号

皆さん、こんにちは。

本日の夕方、緊急事態宣言が発令されることになりましたね。

緊急事態宣言が発令されると、不要不急の外出自粛が促されます。

また、現状GoToトラベルキャンペーンも年末から停止中になっております。

ですが、完全に旅行が禁止されているということではありません。

旅行に行かれるという方は、万全の感染対策の上、お出かけください。

 

今回は、緊急特別号のチラシを作成いたしました。

関東近郊のイルミネーションやいちご狩りなどの情報を載せたものになります。

興味がある方は、下記からご覧ください。

緊急特別チラシ

 

コロナウィルスの感染拡大が収束し、一日も早く平穏な日々が戻ることを願っております。

皆様、くれぐれもご自愛ください。

 

⑫だだっ子プリン

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、新年一発目の都道府県紹介ブログです。

今回は山形県です。

山形県といえば、米沢牛・玉こんにゃく・芋煮・さくらんぼなどが有名です。

今回紹介するのは・・・清川屋さんの『だだっ子プリン』です。

『だだっ子プリン』は、庄内地方の名産、枝豆より濃厚な味と香りの“だだちゃ豆”をふんだんに使ったプリン。フタを開けた瞬間から、豆の香りがふわりと漂います。

食感はとろとろ、とってもなめらかな舌ざわり。プリンは3層になっていて、下にいくにつれクリーミーさが増していくので、食感の違いを楽しんでみてください。

そして驚くべきは、豆の風味がしっかり生きつつも、青くささを感じないこと!甘くて濃厚なのにすっきりした後味で、リピートしたくなる味わいです。

だだっ子プリンは、清川屋さんの店舗でお買い求め頂けますが、

庄内空港・山形空港・酒田駅などにも店舗が有りますので、山形へのご旅行の際は、

ぜひお召し上がりください。